美容や健康、ダイエット時の栄養補給にも良いとされる「黒酢サプリメント」!当サイトでは人気の黒酢サプリの働きや口コミを徹底比較しました!黒酢サプリの選び方から飲み方、デメリットなど黒酢サプリに関する知りたい情報をまとめていますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

黒酢の基礎知識

黒酢を飲み過ぎると良くない?!黒酢の副作用についての疑問を解消

更新日:

黒酢

黒酢はサプリやドリンクとしても、スーパーやコンビニを始めネットなどでも広く販売されており、手軽に摂れる健康食品として注目されています。

健康が気になる方には、健康に良いと聞けばすぐにでも試してみたくなる手軽さで人気なのですが、健康に良いとは言えども、たくさん効果を得たい!という一心でたくさん取り入れたくなることもあると思います。

黒酢には健康に良い成分や栄養素がたくさん含まれていますが、そのメリットの部分がある反面、過剰摂取によるデメリットの部分もあります。

黒酢に含まれる酸の成分により、身体の負担を踏まえ毎日決められた摂取の適量があります。

健康のために毎日たくさん摂取したいけど、飲み過ぎてしまうと逆効果だったりするの?!」と不安になってしまうことも、あると思います。

今回は、「黒酢を飲み過ぎると良くないの?」という疑問に着目して、正しい摂取量と方法などについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

黒酢の成分

黒酢は原料に玄米を使い、丁寧な製法と特殊な長期醸造により発酵を経て1〜3年寝かせて作られた物で、一般的な米酢などとは違い黒褐色の色をしています。

その黒褐色に醸造された黒酢には、発酵したコクと香りが豊かな風味と共に、たくさんの健康に良い成分が含まれています。

大きく分けて以下のような成分が入っているので、順番にご紹介したいと思います。

酢酸

黒酢の主成分でもある酢酸。

独特な製法で熟成され発酵することで生成される酢酸は、疲労回復などに効果がある成分です。

酢酸を体内に摂取することでクエン酸に変化し、内臓脂肪の減少や血中コレステロールの生成を抑える働きなどがあります。

生活習慣病やダイエットなどにも効果的で、高血圧・糖尿病の予防や改善などにも効果的です。
JAS法で定義されている食酢の全般製品には、この酢酸が含まれています。

クエン酸

酢酸は体内に取り入れることでクエン酸に変化しますが、黒酢自体の成分にもクエン酸は含まれています。

疲労回復のチャージドリンクなどにも「クエン酸配合」などと記載のある製品もあるように、疲労回復や美容効果、血流改善などにも効果的です。

クエン酸は口に含むと酸味を感じ、レモンなどの柑橘類や梅干しなどにも含まれる成分です。

クエン酸には、カルシウムの吸収を促進する働きもあるので、栄養を摂取するサポートもしてくれます。

アミノ酸

人の身体を作り上げることに必須である栄養素のアミノ酸。

黒酢の黒褐色の色が出来上がる過程には、黒酢が発酵と熟成という過程があり、アミノ酸と糖分が化学反応を起こした上での、あの色味が出るのです。

人の身体で生成されないアミノ酸で、食べ物からしか摂取することができないものを「必須アミノ酸」と呼び、黒酢にはこの「必須アミノ酸」の9種類のうち8種類が含まれています。

他の食酢に比べて、アミノ酸の含有量は、黒酢は圧倒的に多く含まれています。

運動の後の筋肉の疲労回復や、代謝のアップにも非常に効果的な成分といわれています。

ミネラル・ビタミン類

現代人に不足しがちな「ビタミン」や「ミネラル」が、多く含まれていることでも知られる黒酢。

ビタミンB2・B16・B12や葉酸などのビタミン類、カルシウムにカリウム、マグネシウムや鉄分・リンなどのミネラル成分も豊富に含まれており、身体を内側からコントロールしてくれる大事な成分です。

こうして見てみると、黒酢には本当に健康に良い影響を与えてくれる成分が、しっかりと含まれていることがお分かりいただけると思います。

黒酢の過剰摂取による副作用とは?

身体にとって必要とされる成分が目白押しだということは分かったのですが、黒酢を過剰摂取をすることでどのように身体に影響があるのか・・・、それについて詳しくご紹介します。

黒酢を摂取する際に、その摂取量には適量とされている量があります。

1日に摂取する量としての目安は15〜30ccといわれています。
およそ大さじ1〜2杯程度の量ですね。

その適量を超えると、過剰摂取となってしまいます。

では、その適量を超えると、どのような症状が現れるのかを見ていきましょう。

・胃痛(胃の荒れ)
・腹痛(腸の荒れ)
・吐き気、胃のむかつき
・めまい
・無尿(排尿障害)
・呼吸困難
・下痢
・便秘
・歯が溶ける(酸触歯)

など、見てみると不安になってしまうかもしれませんが、これは健康に良い成分でも身体に取り入れる量を守ることで、防ぐことができる症状です。

黒酢の副作用を抑える飲み方

黒酢の飲み方で考えられる副作用を防ぎ、健康のために取り入れる方法としてのポイントがあります。

1日の適量を超えていないからと言って、一度に全ての量を摂取するのではなく、1日のうち数回に分けて摂取することが最も大事なことでもあります。

では、黒酢の副作用を抑えるポイントをご紹介したいと思います。

空腹時を避ける

黒酢の酸の成分は強酸性になります。

空腹時に過剰に摂取することで、胃腸の粘膜に直接ダメージが出ることで、胃腸の荒れに繋がってしまい兼ねません。

黒酢を摂取するタイミングとしては、食中や食後など胃の中に他の食べ物が入っている状態で摂取するのが好ましいです。

原液での摂取をしない

そのまま飲める元々黒酢を薄めたドリンクなどもありますが、希釈タイプの黒酢を使う場合には、必ずその製品の容量に従って薄めて摂取してください。

製品によっては、3〜4倍に薄めるものや10倍に薄めるものなどがあります。

希釈せずそのまま高濃度で摂取することで、黒酢の強い酸で口腔内の粘膜や食道、胃の粘膜への負担が大きり、胸やけや胃のむかつきを感じることに繋がります。

寝る前は避ける

胃や腸の粘膜にダメージを引き起こすことと同じく、黒酢の酸の成分は歯にも影響があります。

寝る前に黒酢を摂取することで、酸触歯のリスクが高まります。

黒酢に含まれる酸の成分は、寝る前に飲むことで長時間口腔内に留まることにより、歯のエナメル質を溶かしてしまうことがあります。

生活スタイルの習慣上、どうしても睡眠前に摂取するタイミングになってしまう場合には、ストローを使ってなるべく歯との接触を避けるか、飲んだ後に歯を磨くなどのケアを忘れないようにしましょう。

常備薬との飲み合わせを確認する

基本的に黒酢は天然成分で出来ているので、血圧やコレステロールをコントロールする薬との併用に影響はありません。

注意したいのは、心臓や血管に疾患があり服用している薬品の中で、抗血液凝固系の「ワーファリン」という薬などを服用されている方は、要注意です。

ワーファリンは、血栓の予防のため血液が固まりにくくする効能がある薬で、黒酢に含まれるビタミンKを過剰に摂取することで、ワーファリンの作用を減少させてしまう可能性があり、相性が良く無いものになります。

ビタミンKは黒酢だけでなく、納豆やレバー、その他穀物や果物にも含まれています。

ワーファリンはビタミンKの活動を抑える効果があるので、黒酢を摂取する際には医師に相談の上、指導に基づいて摂取するようにしましょう。

自分の身体の体質や特性にあった容量を摂取する

何よりも自身の身体の健康のために摂取する黒酢。

自身の身体にあった摂取方法や容量を調整することも、健康において大事なことになります。

人の身体は弱アルカリ性の状態なのですが、酸性を過剰摂取することで代謝調整が狂ってしまい、体内が酸性化してしまいます。

酸化してしまった体内では、尿酸を溜め込んでしまい排泄障害を引き起こす原因となってしまいます。

冷え性にお悩みの方などは身体を内側から冷やさないことが大事なので、身体を冷やす効果もある黒酢は、できればお湯割りや常温の水などで飲むようにしましょう。

また、胃腸の弱い方は、1日の摂取量の適量の中でも少なめの摂取を心がけるようにすることが大事です。

成長期のお子様に摂取される場合にも、お料理に使うなどまとまった量を摂取しないように注意して、少しずつ黒酢に慣らしていくことがポイントです。

黒酢を上手に取り入れる方法

先に挙げたように、黒酢の摂取には注意が必要な方も居られると思います。

また、黒酢は米酢などに比べて酸味はまろやかではありますが、それでもお酢の酸味が苦手な方にとっては、ちょっと参ってしまうかもしれません。

お料理などに微量を使う方法も、ほとんど酸味を感じず摂取することが出来ますし、胃腸への負担の軽減も見込めます。

おススメの摂取のタイミングとしては、酸触歯の予防なども含め朝食後や昼食後など、日中の活動タイムの合間に摂ることが良いです。

睡眠を摂ったあと、身体が活動をしている間に摂ることで、体内の代謝もあがり結果免疫力のアップにも繋がります。

ですが、毎日の習慣として日々食卓で黒酢を取り入れることが難しい場合など、もっと手軽に胃腸への負担を気にせずに摂る方法として、サプリメントで代用する方法もあります。

サプリメントであれば、決められた数を食後などに取り入れることで、酸味を感じる間もなく直接体内へ手軽に摂取することができます。

サプリメントで摂取する場合も同様ですが、やはり決められた量とご自身の身体に合わせた飲み方で、摂取することが大事です。

黒酢サプリ 人気ランキング

黒酢の副作用についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

黒酢自体は天然成分で出来ているので、基本的に副作用として大きく影響するものではありません。

ですが、飲み方やタイミングをしっかりと守ること、そしてご自身の身体や生活スタイルに合わせて摂取するこが大事になってきます。

黒酢に限らず他の食品も同様で、過剰摂取は身体にとって必要な栄養素でも、時にはデメリットな部分を現してしまうこともなきにしもあらずです。

黒酢を知ることで毎日楽しく摂取し、身体の健康を目指して欲しいと思います。

-黒酢の基礎知識

Copyright© 黒酢サプリおすすめランキング2017|人気サプリを徹底比較 , 2017 All Rights Reserved.